成長するために

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
成長するために by Mind Map: 成長するために

1. 物事の原則

1.1. 理解が大切

1.1.1. そこから伝えることが大変

1.1.2. まずは自分が物事や内容を理解する

1.1.2.1. わからないまま進めるのは一番の悪

1.1.2.1.1. 例:ゲームでセーブせずにストーリーを進めるのと同じ

1.2. 相手にメリットを与える

1.2.1. まずは自分が損をする

1.2.1.1. 最終的に自分に返ってくる

1.3. インプット

1.3.1. マインドの整理

1.3.1.1. アウトプット

1.3.1.1.1. 苦手

1.3.1.1.2. 平均までは持っていける

1.4. 意識するだけでは無意味

1.4.1. まずはやってみる

1.4.1.1. 結果が必ずでる

1.4.1.1.1. 出来た

1.4.1.1.2. 出来なかった

1.5. 因数分解

1.5.1. 何事にも当てはまる

1.5.1.1. なぜ

1.5.1.1.1. 理由と原因

1.5.1.2. どうして

1.5.1.2.1. 結果

1.6. 作業員と伝言者にならない

1.6.1. 作業員

1.6.1.1. 考えずにただ業務をする人

1.6.1.1.1. 例:工場で商品チェックを行っている人

1.6.1.1.2. ならないためには

1.6.2. 伝言者

1.6.2.1. いる意味のない人

1.6.2.1.1. ただ伝えるだけならだれでもできるから

1.6.2.2. 疑問を持たない

1.6.2.3. 例:郵便局

1.7. 逆算してスケジュールを組む

1.7.1. イレギュラーに対応できるように

1.7.2. 行動が迷わない

1.7.2.1. 自信をもってできる

1.8. 自制心

1.8.1. 普段の環境に慣れることで自然と降下していく

1.8.1.1. 降下しないためには常に変化や刺激が必要

1.8.1.2. 環境の差

1.9. 報連相は最速で

1.9.1. 相手から進捗を聞かれたら負け

1.9.1.1. 相手はもうできているでしょという認識でいる

1.9.1.1.1. わかった時点で最速で報告

1.9.1.1.2. もしできていない場合

1.9.2. 成果物は先に送っておく

1.10. 基準を相手に持つ

1.10.1. 人は常に見られながら生きている

1.10.1.1. 自分の基準は意味がない

1.10.1.1.1. 持ったところで相手からすると「だから何?」となる

1.11. 自分から意見を出してみる

1.11.1. まず1を自分から出したうえで相手に2を聞く

1.11.2. 例:〇

1.11.2.1. 今日の夜はお肉を食べたいなと思っているんだけ、どう?

1.11.3. 例:×

1.11.3.1. 今日何食べたい?

1.12. 相手が感じる対応の質や感情

1.12.1. 質

1.12.1.1. 対面:100%

1.12.1.2. 電話:50%

1.12.1.3. チャット:33%

1.12.2. 感情

1.12.2.1. 相手の反応をうかがう

1.12.2.1.1. 研修や朝礼のタイミングでどう感じているか

1.13. 属人化させない

1.13.1. 作業面では特に悪

1.13.1.1. 誰かに頼られる

1.13.1.1.1. 満足感

1.13.1.1.2. 一例だと:藤井さん

1.13.2. 誰もが同じことを同じ質でできるようにする

1.13.2.1. Aさんがいなくても1週間業務に支障が出ないレベルまでもっていく

1.13.3. 正しい属人化も仕事内容によってはある

1.13.3.1. その人のみが持っている天性もの

1.13.3.2. 知識面

2. ミスは宝・クレームはチャンス

2.1. ミスは宝

2.1.1. なぜ

2.1.1.1. 報告を上げる

2.1.1.1.1. 現状の問題点がわかる

2.1.1.2. 表に出さない

2.1.1.2.1. 同様のミスを繰り返す

2.2. クレームはチャンス

2.2.1. なぜ

2.2.1.1. お客様はAを使いたい

2.2.1.1.1. だからなんとかして欲しい

2.2.1.2. ほんとに嫌な場合は解約

2.2.1.2.1. そもそも連絡してこない

2.2.2. 対応

2.2.2.1. 営業担当に伝える

2.2.2.2. 温度感高く

2.2.2.2.1. 言葉使い

2.2.2.2.2. 電話や直接

2.2.2.3. 処理を最後まで完了させる

2.2.2.3.1. 信頼に繋がる

2.2.2.3.2. 頼りにされる(贔屓)

3. 9:1の法則

3.1. 9が準備

3.1.1. できないなら予め準備をしておく

3.1.1.1. 元々できる人は感性でできる

3.1.2. 苦手な分野こそ準備が大事

3.1.2.1. 平均に持っていくため

3.1.2.1.1. やればやるだけ変化できる

3.2. 1が実行

3.2.1. 準備したことを淡々と行うだけ

3.2.1.1. 成功

3.2.1.1.1. しっかり準備ができていた

3.2.1.2. 失敗

3.2.1.2.1. 準備が足りなかった

4. 朝礼について

4.1. 一体感を持つ

4.1.1. そのために創意工夫を行う

4.1.1.1. 失敗してもいいので試してみる

4.1.1.1.1. 失敗したら改善すればよい

4.2. 12月27日の準備ができていなかった

4.2.1. なぜ

4.2.1.1. 会社を出るタイミングで集計が取れないので後回ししてしまった。

4.2.1.1.1. なぜ

4.2.1.2. ノートパソコンを会社に置いていった

4.2.1.2.1. 家で作業できない

4.3. 1/6

4.3.1. もっと流れ良く行う

4.3.2. 話すときの目線を変える

4.3.2.1. もし人数が10人になったとイメージして

4.3.3. 自由にチャレンジ

4.4. 1/7

4.4.1. こっちはあなたのことを見てますよという姿勢

4.4.1.1. 個人の数値を確認していく

4.4.1.1.1. 数値確認は絶対行う

4.4.1.2. 緊張感を与える

4.4.2. 変わるんだと意識する

4.4.2.1. 自分に期待する

4.4.2.2. 世界や他人はどうやっても変わらない

4.4.2.2.1. だから自分が変わらなければならない

5. 言葉の力

5.1. 自分の発言に責任を持つ

5.1.1. 自信をもって発言することが必要

5.1.1.1. 苦手分野

5.1.1.1.1. 平均までは持っていく

5.2. 時に行動以上の力になる

5.2.1. 例:温度感を出すとき

6. タスク処理能力UP

6.1. 簡単なものは即行で終わらせる

6.1.1. 後回しにしない

6.1.1.1. いざというときに手が回らなくなる

6.2. ボールをためない

6.2.1. 相手ボールにする

6.2.1.1. 自分ボールでためるとパンクしていく

6.2.1.2. 進行を自らが止めてしまって責任を持つことになる

6.3. 即行と遅行の線引き

6.3.1. 普段から意識してトレーニング

6.3.1.1. 即行:簡単に処理できるものや・重要度が低い

6.3.1.2. 遅行:完成度が求められるもの・複雑な仕事

6.4. 資料作成の表現力

6.4.1. プラスαの価値をつける

6.4.1.1. どうすればよいか

6.4.1.1.1. スピード

6.4.1.1.2. わかりやすさ

6.5. トレロでタスクの管理

6.5.1. 確認する労力を割く

6.5.2. 忘れる可能性なくす

7. チャット対応

7.1. 他社との差別化

7.1.1. 3つのポイント

7.1.1.1. スピード

7.1.1.1.1. お客様が返答する間隔よりも早い返答を意識

7.1.1.1.2. 現状のレスポンスに満足しない

7.1.1.2. わかりやすさ

7.1.1.2.1. 表現

7.1.1.2.2. 無機質をさける

7.1.1.3. 必要以上のことができる

7.1.1.3.1. 当たり前のことには驚かない

7.1.1.3.2. 先回りして対応

7.1.1.3.3. 求められていること以上の対応

8. ミッション

8.1. 日々果たすべき使命

8.1.1. ビジョン(未来軸)

8.1.1.1. 実現したい未来

8.1.1.1.1. 日々果たすべき使命を遂行し続けた結果、 どのような未来を実現したいのかということがビジョンになる

8.1.2. バリュー(企業軸)

8.1.2.1. 約束する価値・強味

9. PDCA

9.1. ①課題(問題)定期

9.1.1. どんな些細なことでも、問題になる

9.1.2. 自ら課題を上げていく必要がある

9.2. ②因数分解

9.2.1. 課題に対して理由や原因を書き出していく

9.2.2. 数を出せばいいわけではない

9.3. ③大雑把なゴールを設定

9.3.1. 書き出した問題に対して、なんとなくこれかなという理由を見つける

9.3.1.1. 純度100%の答えを出す

9.3.1.1.1. 手段や手順は後から

9.4. ④手段や手順

9.4.1. 設定したゴールに対して、どうやってクリアするか?

9.4.2. ①の課題に対して直接考えない

9.5. 例題

9.5.1. ①バスケで試合に勝てない

9.5.1.1. ②点が取れない

9.5.1.2. ②相手を止められない

9.5.1.3. ②交代人数が足りない

9.5.1.4. ②練習回数が足りない

9.5.1.4.1. ③練習回数を増やせばいい

10. OEM運用構築

10.1. OEM

10.1.1. ウィズアス社

10.1.1.1. 現在

10.1.1.1.1. 環境数:54

10.1.1.1.2. ECライセンス:818

10.1.1.1.3. EOライセンス:104

10.1.1.1.4. ECチャネル:831

10.1.1.1.5. EOチャネル:164

10.1.1.1.6. 名乗り:エバーバンクサポート

10.1.1.1.7. 連絡:サポートダイヤル

10.1.1.1.8. エンドユーザーとのやり取り:なし

10.1.1.1.9. チャットワーク:あり

10.1.1.2. 今後

10.1.1.2.1. 環境数:54

10.1.1.2.2. 名乗り:ハローコールサポート?

10.1.1.2.3. 連絡:ハローサポートダイヤル?

10.1.1.2.4. エンドユーザーとのやり取り:あり

10.1.1.2.5. チャットワーク:あり(予定)

10.1.2. アジャストワン

10.1.2.1. 現在

10.1.2.1.1. 環境:1

10.1.2.1.2. ECライセンス:15

10.1.2.1.3. ECチャネル:15

10.1.2.1.4. 名乗り:エバーバンクサポート

10.1.2.1.5. 連絡:サポートダイヤル

10.1.2.1.6. エンドユーザーとのやり取り:あり

10.1.2.1.7. チャットワーク:なし

10.1.2.1.8. お問い合わせ:2月 なし

10.1.2.2. 今後

10.1.2.2.1. 環境:1

10.1.2.2.2. 名乗り:エバーバンクサポート

10.1.2.2.3. 連絡:サポートダイヤル

10.1.2.2.4. エンドユーザーとのやり取り:あり

10.1.2.2.5. チャットワーク:あり

10.1.3. シナジー社

10.1.3.1. 現在

10.1.3.1.1. 環境:2

10.1.3.1.2. ECライセンス:8

10.1.3.1.3. EOライセンス:3

10.1.3.1.4. ECチャネル:10

10.1.3.1.5. 連絡エバーバンクサポート

10.1.3.1.6. 連絡:サポートダイヤル

10.1.3.1.7. エンドユーザーとのやり取り:あり

10.1.3.1.8. チャットワーク:あり

10.1.3.1.9. お問い合わせ:2月 なし

10.1.3.2. 今後

10.1.3.2.1. 環境:2

10.1.3.2.2. 連絡エバーバンクサポート

10.1.3.2.3. 連絡:サポートダイヤル

10.1.3.2.4. エンドユーザーとのやり取り:あり

10.1.3.2.5. チャットワーク:あり

10.1.4. リバーシ社

10.1.4.1. 現在

10.1.4.1.1. 環境数:3

10.1.4.1.2. ECライセンス:41

10.1.4.1.3. EOライセンス:7

10.1.4.1.4. ECチャネル:58

10.1.4.1.5. EOチャネル:10

10.1.4.1.6. 名乗り:エバーバンクサポート

10.1.4.1.7. 連絡:サポートダイヤル

10.1.4.1.8. エンドユーザーとのやり取り:あり

10.1.4.1.9. チャットワーク:あり

10.1.4.1.10. お問い合わせ:2月 3件

10.1.4.2. 今後

10.1.4.2.1. 環境数:3

10.1.4.2.2. 名乗り:エバーバンクサポート

10.1.4.2.3. 連絡:サポートダイヤル

10.1.4.2.4. エンドユーザーとのやり取り:あり

10.1.4.2.5. チャットワーク:あり

10.1.5. H2社

10.1.5.1. 現在

10.1.5.1.1. 環境数:9

10.1.5.1.2. ECライセンス:101

10.1.5.1.3. EOライセンス:1

10.1.5.1.4. ECチャネル:116

10.1.5.1.5. EOチャネル:4

10.1.5.1.6. 名乗り:エバーバンクサポート

10.1.5.1.7. 連絡:サポートダイヤル

10.1.5.1.8. エンドユーザーとのやり取り:なし

10.1.5.1.9. チャットワークあり

10.1.5.1.10. お問い合わせ:2月 4件

10.1.5.2. 環境数:9

10.1.5.3. 名乗り:エバーバンクサポート

10.1.5.4. 連絡:サポートダイヤル

10.1.5.5. エンドユーザーとのやり取り:なし

10.1.5.6. チャットワーク:あり

10.1.6. サイバー社

10.1.6.1. 現在

10.1.6.1.1. 環境数:33

10.1.6.1.2. ECライセンス:192

10.1.6.1.3. EOライセンス:11

10.1.6.1.4. ECチャネル:211

10.1.6.1.5. EOチャネル:25

10.1.6.1.6. 名乗り:エバーバンクサポート

10.1.6.1.7. 連絡:サポートダイヤル

10.1.6.1.8. エンドユーザーとのやり取り:あり

10.1.6.1.9. チャットワーク:あり

10.1.6.1.10. お問い合わせ:2月 15件

10.1.6.2. 今後

10.1.6.2.1. 環境数:33

10.1.6.2.2. 名乗り:エバーバンクサポート(OEM継続?)

10.1.6.2.3. 連絡:サポートダイヤル

10.1.6.2.4. エンドユーザーとのやり取り:あり

10.1.6.2.5. チャットワーク:あり

10.1.7. アクトプロ

10.1.7.1. 現在

10.1.7.1.1. 環境:2

10.1.7.1.2. ECライセンス:84

10.1.7.1.3. EOライセンス:39

10.1.7.1.4. ECチャネル:265

10.1.7.1.5. EOチャネル:113

10.1.7.1.6. 名乗り:エバーバンクサポート

10.1.7.1.7. 連絡:サポートダイヤル

10.1.7.1.8. エンドユーザーとのやり取り:あり

10.1.7.1.9. チャットワーク:なし

10.1.7.2. 今後

10.1.7.2.1. 環境:1

10.1.7.2.2. エバーバンクサポート

10.1.7.2.3. 連絡:サポートダイヤル

10.1.7.2.4. エンドユーザーとのやり取り:あり

10.1.7.2.5. チャットワーク:なし

10.2. OEMへの連携

10.2.1. お問い合わせ(エンドユーザー)

10.2.1.1. 専用ダイヤルorチャット?

10.2.1.1.1. 通常案件(全体エラー以外)

10.2.1.1.2. 運用相談

10.2.1.1.3. 障害案件